ですます調?

8/14~15と遊んでまいりました!

四郎さんが14日の昼過ぎに帰ってきたので、
夕方から集まってお食事会となりました。
a0086885_16543156.jpg

四郎です。パトラ食べてきたとです。さらに腹が出たとです。
後ろの巨大クルーザーに注目!

a0086885_16572657.jpg

もやしのヒゲを1本づつ取るという根気のいる作業中の港のヨーコです。

a0086885_16591369.jpg

肉を焼き始めました。かたまり肉は美味しい!!

a0086885_1704294.jpg

a0086885_1721786.jpg

既にご陽気な人たちです。

a0086885_1734325.jpg

そして陽も暮れ、酔いがまわり・・・
四郎さんのポーズは何だろう?

a0086885_1751988.jpg

60フィートは充分ありそうなクルーザーも灯りがともり、雰囲気が良くなってきました。

a0086885_1785391.jpg

a0086885_17104161.jpg

そして朝日が昇り、運命の一日が始まりました。

朝から参加のヤスが到着して、10時半ごろドッグアウトです。
茅ヶ崎付近にいるというマグロを狙います。

7~8mの風とうねりに叩かれながら進むココナッツグローブでしたが、
突然!なにかハリヤードが空中をふら~り、ふら~りと揺れているではありませんか!

一瞬後、それがスタボー側の3本のサイドステーの内の1本であること分かりました。
ディスマスト!!
「ヤバイっ」と思う間もなく、音をたててマストが倒れるまでは、あっと言う間の出来ごとでした。
そのくせ、記憶の中で倒れるマストはスローモーションなんです。

しばらく全員が茫然とする中、葉山マリーナのレースの本部艇となっていた
ADONISさん達が手を貸してくれました。
感謝、感謝です。ありがとうございました。


a0086885_17383786.jpg

マリーナからそれほど離れていなかったため、管理事務所に救援をお願いし曳航してもらいます。
マストの上2/3は水中に浸かりジブもメインセールも水中です。
救援を待つ間、ワイヤーカッターでハリヤードを切ってみるものの、
うねりに揺れる海面での作業はまったくはかどりませんでした。
なのですべて引きずりながらの曳航です。


a0086885_17495642.jpg

3つの穴の一番左側に固定されていたサイドステイが外れました。
原因はまだ不明です。

a0086885_17525325.jpg

マストです。みごとに折れてしまいました。

マストの引き上げや分解にはココペリさんをはじめ、
沢山の人たちにお手伝いをいただきまして本当にありがとうございました。

そんなわけで、大変なトラブルでしたが沢山の人たちに助けられ、
怪我をすることもなく無事に帰ってこられました。

さてさて、ココナッツグローブは復活できるのでしょうか~?
乞う、ご期待!
[PR]
by coconutg | 2010-08-17 18:12

ココナッツグローブの航海日誌
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30